プエラリア・ミリフィカの効果的な飲み方は?

多くのバストアップサプリに配合されているプエラリア・ミリフィカ

プエラリア

 

バストアップサプリの多くに配合されているプエラリア・ミリフィカ
プエラリア・ミリフィカには、ミロエステロールという強い女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用の物質が含まれています。

 

飲み方について問い合わせがサプリメントの販売元の相談窓口にかなりあるそうです。

 

プエラリアミリフィカが含まれているサプリメントの効能を最大限に引き出すためには、摂取するタイミングであったり、飲み方が凄く大事です。
多くの方が毎日継続的にバストアップサプリを飲んでいれば、バストが大きくなると思っているようです。

 

一番効果的なプエラリアの摂取の時期は?

 

プエラリアは女性ホルモンと極めて密接な関係があります。

 

女性の生理周期は、月経期⇒卵胞期⇒排卵期⇒黄体期(分泌期)となっています。

 

プエラリアを飲むのに一番効果的な時期は、卵胞期です。

 

なぜ卵胞期なのでしょうか?

 

単刀直入に言うと、卵胞期は女性ホルモンのエストロゲン分泌が特に活発になる時期なんです。
この卵胞期にプエラリアを摂取することで、エストロゲンのの分泌量が少ない人であっても、プエラリアが乳腺に働きかけ育乳を促します。

 

プエラリア

プエラリアの摂取を避けた方がいい時期は?

 

女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用を持ったプエラリアの摂取は、生理周期に注意しないとホルモンバランスを崩して副作用がでる可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

それではプエラリアの摂取を避けた方がいい時期はいつでしょうか?

 

摂取を避けた方がいい時期..それは、黄体期(分泌期)です。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)が多くなるこの時期は、エストロゲンのような成分を摂取するとホルモンバランスが崩れてしまいますので避けた方が無難です。

 

 

それで生理中にプエラリアの服用はどうなのでしょうか?

 

効果的な時期は卵胞期ですが、生理中に服用しても問題はありません。

 

 

生理周期によって2種類のサプリを使い分けるので、安心してバストアップができるサプリがあります。
そのサプリメントは、LUNA(ルーナ)といいます。
プエラリアが飲めない黄体期は、ワイルドヤムとチェストツリーという美ボディをサポートする成分が含まれたサプリを服用します。

>>『LUNA(ルーナ)』はコチラ

 

 

プエラリアを飲むタイミングはいつが効果的なの?

 

プエラリア

プエラリアのバストアップサプリをどのタイミングで飲めばいいのでしょうか?

 

朝、昼、夜、食前、食後、空腹時のうち、一番のお薦めは食後です。

 

 

 

食後は、胃液が多く出ているため、サプリの成分が吸収されやすい です。
ただあまり神経質になることはありません。
飲み忘れてしまった場合、気がついた時点で飲めば大丈夫です。

 

プエラリアのサプリメントは薬ではなくて、あくまでも健康食品ですからね。

 

 

プエラリアの1日の摂取量は上限でどのくらいまで大丈夫なの?

 

プエラリア

プエラリアは用法・用量を守っていれば、それほど危険なものではありませんが、効果を早く出そうと過剰に摂ってしまうと副作用の心配があります。

 

副作用の症状 としては、生理不順、不正出血、吐き気、頭痛、下痢、便秘、肌荒れ、ニキビなどがあります。

 

プエラリアの摂取量ですが、生産国のタイでは1日の摂取量は100mgを超えてはいけないと規定されています。

 

日本ではどうなのでしょうか?
実は、明確な規定はありません。1日400mgを超えない方がいいと言われているだけです。

 

だから1日の摂取量が400mgぎりぎりのサプリなんかも販売されています。
プエラリアを摂取して体調を崩している人が増えていると最近ニュースでもありましたように、1日の摂取量が100mgを超えるようなものは避けた方が無難です。

 

>>プエラリアの1日の摂取量が100mgまでのサプリ紹介

 

 

 

 

プエラリアの品質管理マネジメント

 

プエラリアの現状と課題について

「プエラリア」は成分含有量を目安とした品質マネジメントや、エストラジオールに引けを取らない強いエストロゲン作用物質ミロエステロールは、危険なエストロゲン作用物質を含むにも拘らず総ホルモン活性評価を指標とした品質マネジメントは実施されていない。植物は、市場で、成分含量の上げ下げが激しく、一桁程度の差があるのは極めていつものことである。摂取してバストが大きくなるほどの強いホルモン作用物質が含まれているのであれば、その摂取量を規定することが必要である。一部のウェブページではタイの学術機関の研究結果を引き合いに出している。バストアップなど美容を目的としたそれ相応の心構えをもっているならともかく、サプリとしての効果を期待する目的であれば「プエラリア」は慎重に服用すべきである。更年期障害の改善や骨粗鬆症の予防等に効き目があるとされるイソフラボンの補給の為であれば、大豆や大豆の派生機能食品という信頼性で遥かに上回るものがある。我が国では大豆は豆腐、納豆、豆乳等として昔から一般に食べてきた食材であるそれと比較して「プエラリア」はタイやミャンマーのごく限られた地域の少数民族が利用してきたもので、サプリメントとして服用するには注意が必要なレベルものである。また、イソフラボンも適正な摂取量が推奨されている。プエラリアは規定を設けるべきで、過剰摂取すれば副作用が起きることも留意しなければならない。平成13年度の「食薬区分」の見直しで健康食品でもカプセル剤や錠剤として販売できるように規制が緩和された。カプセルやあるいは錠剤になったサプリは過剰摂取されるのが容易なので、それに伴う副作用が起きやすい。「プエラリア」では、今の段階では、健康被害は発生していないが、要注意成分(強力なエストロゲン作用物質)を含んでいるので、品質管理と摂取量を充分注意する必要がある。